乾燥する陽気にはスキンケア以外も徹底的に湿度結論

秋や冬になると景色が乾燥してしまう。乾燥肌のわたくしには耐え難い季節だ。
昼前洗顔して化粧水やクリームを塗っても、1暇たてば既に丸ごとモイスチャーが蒸発してしまう。オイルを塗ってもこういう実情。

内部に置いて居残る湿度計を見ると、30百分率のことも多々あります。
乾燥した景色をようやくしようと、加湿容器を買いました。でも、1台だけでは幅広いリビングをまかないきれません。

昔はストーブの上にやかんを置いておくとそれだけで保湿になったのですが、今ではストーブはありません。なのでポットにお湯を入れて、ふたを開けて置きました。そうなると2百分率ほど湿度がのぼりました。でも景色は乾燥しています。

次に、洗濯代物室内に乾かすことにしました。曇りの太陽や降雨の太陽はどっちみち洗濯代物が乾かないので、ちょうど良いのです。
また、お風呂の隙間湯は貯めておいたままにして、お風呂のシャッターを開けっ放しにすることにしました。

そうして皮膚が乾燥してくると、唇の皮も剥けるのでマスクをすることにしました。マスクをするだけで自分の息で保湿ができます。唇の皮だけでなくほうれい線計画にもなります。

マスクはかなりベターだったので、就寝中も塗りつけることにしました。喉も潤うので感冒の警備にもなります。一石二鳥ですね。

最後に、暖房をつけるって益々客間が乾燥してしまうので、こたつを使うことにしました。こたつは冷え性のわたくしにはぴったりです。足下からぬくぬくという温めてくれるので血行も良くなります。血がめぐるといった皮膚の乾燥計画にもなるそうです。

このように化粧水やクリームなどのスキンケアだけでなく、あれこれと乾燥肌のための計画をとっています。これで平年やっぱし乾燥する秋冬を乗り切っています。www.timetowerlv.com